冷戦の象徴的である朝鮮戦は、当時の冷戦によって引き押された悲劇であるといっても過言ではない。韓国は朝鮮戦争によって、打撃を受けたことにより、経済面ではアジアで遅れていたとされるが、その後の経済政策によって、大成長をとげ、2008年には世界の経済規模で15位にまで上位にはいった。韓国の成長性については、この北の国と日本と中国の中で競争力をつけてきたといえるでしょう。これは、日本においては東京規模の経済が動いていることになる。そういった背景には、内需の規模が日本ほど大きくなく、もともと、グローバルな展開を考えて事業をすすめているという背景があるとされている。日本においては、最近までは韓国の家電製品を好んでかう方々がすくなかったが、スマートフォンの発展くらいから、テレビなども韓国製品を買う日本人もおおくなったとされている。韓国においてのおもな産業といえば、情報通信、造船、自動車、鉄鋼や、金融関連とされる。また、多くの財閥企業が存在しており、韓国経済を支えている。また、情報産業を軸とする、企業は世界でも名だたる企業として発展し、自動車分野においても、世界の市場で、販売を伸ばしている。そういった中、財閥中心として発展してきた経済の中で、国内においては、貧富の差もおおくあり、過度の大学受験などの弊害もあるとされています。これらの問題を解決しなくては今後の発展は期待できないかもしれません。